2015年01月25日

礼ですね。ただ、法律H

七五三と同じ、通過儀礼ですね。ただ、法律で20歳以上が成人と決められる前は、成人式は元服といって人によって年齢は違いました。七五三は、子供が育ちにくい時代に、ある年齢を無事超えたことを祝ったので、お祝いする年齢が決まっていましたが。早い人は13,4歳位ということもあり、それでも20歳くらいまでには元服していたようです。それとは別に、成年は20歳以上というのは律令の時代にもあり、口分田をもらえるのが20歳になったら、ということになってたと思います。が、源平の頃には14,5歳で元服して初陣というふうな記述もあり、この頃も成年は20歳以上という感覚が残っていたのかどうかは分かりません。人生の暇つぶしみたいなものかな。俺は行きませんよクラス会に行くお金も惜しいしバイトの先輩後輩と遊びに行く方が楽しいので。あんま友達も居ないしあと人の話聞くの嫌いなので・・・・交通費出してまで目立ちたがり屋の男の子見に行くのも怠いのでなんかもらえんのかな?成人式?麻生太郎通過儀礼ですね。元々は庶民はそんな事してなかったんですが、日本が裕福になるに従って、上流階級の真似をするようになった結果です。現代では、周りが行くから、とか、同窓会のノリの人が多いです。見下すとか考えてませんよwわざと知らない人に厨ニ病的な回答してるんでしょうね。ちなみに、住民票がある地域から成人式のお知らせがくるので、地元とは別の地方の大学に行って、住民票を移してると、地元の招待ハガキは届かないし、大学は成人式前に始まるので、行けない人も多いです。新成人達が両親や周りの大人達に保護されてきた子供時代を終え、自立し、大人の社会へ仲間入りすることを自覚するための儀式(成人式)を行う日です。大人になった気になって自分より立場が下の人達を見下す為ですそんな事は考えないでただ楽しみたいだけの人ももちろん居ます今度は見下された世代が成人式をしてさらに下の世代を見下す訳ですまた、成人式をすでにやった世代の人達がまだ二十歳の子供たちに自由を与えて責任を取らせる為でもあります身体は大人に近くなった世代に刃向われると厄介ですしお前等も酒飲んで暴れて良いから、俺達に口出しすんなよと言っている訳です全身その店の服でないといけない、という決まりがある場合と、パッと見てわかるものだけという場合と、店によるでしょう。バイトでも正社員でも、入社前はその会社の服を持ってなくても基本は問題なし。好きである、興味があるという事が大切です。入社後は、制服が無いなら、正社員もバイトも、自社のを買って着るのが当たり前です。お店によるでしょう。お店の服を着る事は、歩く広告です、店員さんが着ているのをみてほしいと思うお客様も多いはず、ハンガーに掛かっているだけでは、想像がしにくいものです。ハンガーに掛かっていまいちな洋服でも、着るとすごくいい洋服は沢山あります。洋服をもっていなくても、ショップ店員になれるのではないでしょうか。店員になってから購入すればいいのではと思いますよ。参考にして頂ければ幸いです。ディオール、ミュウミュウでしたら、百貨店のメガネサロンに行かれてはいかがでしょうか。大丸、高島屋、阪急百貨店のメガネ店に取り扱いがあると思いますよ。
posted by hitodzuke1982blog at 21:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。